つまめおっとめブログ
withquie.exblog.jp

妻と夫、それぞれの視点で切り取った日常ブログです。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
[入院期間]
入院期間の5日間はまさに"おっ○い修行僧"でした。
入院した病院は母子同室かを選べ、産前のバースプランには母子同室希望と書いていました。
が、
思うように母乳が出ず=部屋から遠い授乳室まで赤子をカートに乗せミルクを作り飲ませに行くのが毎夜二時間おきに続きました。産後の体にはこれが辛く(でも辛いなんて泣き言、言えない雰囲気。笑)
数日はステーションに預かってもらい泣いたら、授乳室へ行くスタイルに変更。

病院の母親学級で同じグループだった女性が一日遅れで女児を出産。授乳室でポツリポツリと話す仲になり、退院後の今も仲良くさせてもらっています。

最高にハッピーな出産!の裏にこんな現実があるなんてとある意味カルチャーショックでした。が幸いお友達ができてLINEで悩み相談をしたり、また同時期に出産した友人達に連絡をとったり。
分かるよー、大変だよねー、そちらは?
の会話に励まされながらの
慣れない育児、幕開け〜でした。
[PR]
# by quie-family | 2014-05-14 20:37 | 妻目・・・育児
[2013.12.16]病院到着ー出産まで
車の振動に耐えながら、病院へ。
受付をオットにしてもらい、車椅子で病棟へ。
まずは子宮口の開きを確認。全開が10cm、その時点で私は6cm。こんなに痛いのにまだ半分!?という心境でした。

その後入院グッズを自室へ持ち込み、着替えをし、今後の流れなど聞くもあまり記憶なし。笑

途中オットに、
「もうやめる」とか
夜中かけつけてくれた両親と妹に
「こんなに居たら産めない」とか
弱音を吐きまくって...

朝方、ようやく、全開に!
分娩台に移動しました。
ここからは助産婦さんの指示(=赤ちゃんからの指示)にしたがって
"たっぷり呼吸"と"いきむ"のみ。
出そうな物を出ないように我慢するのが(いきみ逃し)なかなか、難しかったです。

立会ったオット曰く、
出産の瞬間は電気が発生しているかの如く"ビリビリ"していたそうです。
エネルギーが充満している感じ?
確かにあの時私は発電できたかもしれません笑。

ヌルッと出てきた後、産声を聞き、お腹の上に我が子。
「ちっちゃーい。かわいいー。」涙は出なかったけど、今まで経験した事のない不思議な感覚と安堵と最上級の感動に包まれました。横でオットがウルルンしていました。

窓の外はまだ暗かったけれど、時刻は病院について5時間が経ち、時計の針はAM5:00を指していました。

10分間隔からおおよそ14時間。
リラックスできる自宅で過ごす時間が多かったことは結果としてとてもよかったです。

両親、妹も病院に戻ってきてくれて、
(実は一度病院を出て東京から藤沢に戻る途中、保土ヶ谷あたりから引き返してきてくれた。)
生まれたてホヤホヤの赤ちゃんをめでたく抱っこしてもらえました。

みんなが待ち望んだ待望の赤ちゃん。ようこそ!この世界へ。
[PR]
# by quie-family | 2014-05-14 20:31 | 妻目・・・育児
男児出産
e0134635_11542444.jpg

結婚して五年目の12月に待望の赤ちゃんを出産しました。産後3ヶ月位までは余裕がなくて、ブログをまた始めるだなんて考えもしなかったですが、ちょっとした記録用に再開したいと思いました。
相変わらずのゆる〜い投稿になるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

[2013.12.15]陣痛ー病院まで

その日はやってきました。
すでに予定日を5日すぎており、
先生には今週、来なければ促進剤かなぁと言われていました。
15日の昼ごろの「ん?なんとなーく痛いぞ?」から
始まりその日の夕方には規則的な痛みに。
10分間隔になり病院に電話をしたら、

☎︎「6分とか7分位の間隔になったらまた電話下さいね。」との事。
その後バラエティー番組、THE MANZAI
で笑いと痛みに(笑うと痛い、でも観たい。)戦った後、いよいよ6分感覚に!
病院へリダイヤル。

☎︎「うーん、まだ病院来なくて良いかなぁ。出産したらお風呂入れなくなっちゃうから、湯船に浸かってお風呂楽しんでください。」

なぬ?この痛みと戦いながら風呂ですと?と思いながら、確かに産後一ヶ月湯船に浸かれないし...と風呂に浸かる。

実際入るとリラックスして、気持ち的に楽かも〜。と当分入れないお風呂を堪能。
風呂から上がったらさらに感覚は狭まり
3分間隔位の陣痛に。
少し大げさに
「痛いです、すごく。3分間隔です!」
と痛み猛アピールを決行。

☎︎「では、病院に来てください。」

やっとGOサインがでました。
その頃時刻は23:50。オットと共に車に乗り込みいざ病院へ!
[PR]
# by quie-family | 2014-05-14 11:21 | 妻目・・・育児