つまめおっとめブログ
withquie.exblog.jp

妻と夫、それぞれの視点で切り取った日常ブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
NYC----MUSEUM ARTS AND DESIGHN
e0134635_22414587.gif

夫の寝ている間に、ホテルから程近い Museum of arts and design へ行ってきました。
チケットが紙じゃなくてアルミのプレートでかわゆい。
(おそらく半分に折ってシャツのポケットなどに差したりして使用するもの)

数年前にコロンバスサークルに移動して来たようで建物も新しくてきれい。
今回この slash paper under the knife という企画展が気になり足を運んでみました。

クラフト感があり、職人技としか言いようのない、
紙を用いた作品がたくさん出展されていました。
ライトを用いた作品で有名なオラファーエリアソンの紙の作品も初めてここで見ました。

いくつか、個人的に良かった作家の作品を紹介。(実際の展示とは異なります。)

Mia Pearlman 紙で作られたストームに吸い込まれてしまいそうな迫力のある作品
e0134635_22275520.jpg


Chris Kenny 写真では分かりづらいけれど、地図が切り取られ立体的に再構築された作品
e0134635_22284755.jpg


Ferry Staberman とにかくかわいい!オブジェ達
e0134635_22292819.jpg


Rob Ryan ストーリ性のある切り絵が印象的
e0134635_24135.jpg


共通点は紙を用いている事のみ。
こんなに幅の広い作品が見れるとは思わなかったので感動しました。
小さな、繊細な作品から、ダンボールを用いた巨大なオブジェまで本当に幅広い。

そうそう、
Ariana Boussard-Reifel 
e0134635_22302254.jpg

この作品も印象的でした。
本のすべての単語が切り取られ、切り取られた言葉たちが横に積まれている作品。
感じ方は人それぞれだけれど、私はすごくエモーショナルな作品だなと思いました。

とにかく想像以上によかったので大満足で企画展の本も購入してしまった!
紙好きな私ですが、次元の違う紙の世界にホント感服。
そして、作りたい心を刺激されたのでした。

-2010年4月4日まで 

Museum of Arts and Design
2 COLUMBUS CIRCLE NEW YORK, NY

e0134635_22304574.jpg
妻より。
[PR]
by quie-family | 2010-02-16 10:26 | 旅行・・・NYC