つまめおっとめブログ
withquie.exblog.jp

妻と夫、それぞれの視点で切り取った日常ブログです。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
コノクニノゆくへ(3)
e0134635_14405963.jpg
おっと、夫です。


ブログっていうのは、継続が難しいものです。
そして、ユーロで寝不足で、スベテそっちのけで、サッカー三昧です。

さてさて、最近思うのですが、どうも結婚し、妻と犬との生活は楽しいせいか、外での会話が楽しくない。
感受性と社会性が完璧に落ちている。と、同時に、沸々とした怒りや疑問も同じようにでてこない。
結婚生活は、悪くないものです。(いや、良いです!と、言わないとね)

ただ、最近思うのは、世の中は、より複雑になってきているということ。
そして、古き良き日本を懐かしむ人たちがいること。

二つの映画を引き合いにだして、自分の気持ちを説明したいと思います。
ひとつは、『大いなる陰謀』、もう一つは、『Always 三丁目の夕日』。
このどちらもとても素敵な、良くできた映画だと思います。
e0134635_201587.jpg


『大いなる陰謀』は、アメリカが置かれている現状を3者の視点から描いています。
アメリカ市民を守るための軍事、権力を見張るはずのマスメディア、
そして市民地域間の階層社会(富める無関心の若者と下層から抜け出そうと努力する若者)。
この映画のエンディングは、具体的には何も語っていません。
ただ、どれも事実であり、立場が違えば、それが正義であるということです。
時には、アメリカの軍事力は、市民の正義になっているのです、だって石油の権利を守っているから、豊かなのだということ。
ただ、その豊かさも、貧困層から駆り出される若者の兵力の上に立っていること。
権力を見張るはずのマスメディアも、権力に屈していてること。
そして、それらはすべて相互作用しあい、影響し合っていること。
いずれにせよ、今のアメリカの問題をクリアにすることは大変難しく、世の中の問題はより複雑になってきているということです。
そして、今回の大統領選は、今後のアメリカを左右する上で、とてもとても大切なのです。

一方日本に目を向けると『Always 三丁目の夕日』的な古き良き日本を求める声が多いのです。
この映画は大好きですが、そういった声に対して思うのです。
古き良き日本をソノママ取り戻すことはできないのです。昔を懐かしく思うのは良いことです。
でも、もういい加減、今と向き合わないと、そして未来を考えないと。そっちの方が大切じゃないかと。
そこから逃げていると、コノクニノゆくへは、とても厳しいのです。

我々は、準備がそろそろ必要になってくるのかもしれませんネ、
国を越えて生きていくための準備が。それもまた文化継承の一つの方法デス。
そういった雑草魂もこれからは必要なんだと思います。
[PR]
by quie-family | 2008-06-13 19:49 | 夫目