つまめおっとめブログ
withquie.exblog.jp

妻と夫、それぞれの視点で切り取った日常ブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
007 慰めの報酬
e0134635_12351031.jpg
夫です。
何歳になってもイケテル男に憧れるものです。

僕が憧れる男の代表といえば、「ボ~ンド、ジェームス・ボンド」です。
先日観た映画で予告編やっていたのだが、来年1月に公開されるらしい。
いまは、予告編でなんとか我慢。


お決まりのテーマが流れるだけで、めちゃくちゃ興奮してしまうのだが、
007には、男のバイブルが詰まりまくっている。変な雑誌見るより、若者よ、この映画を観たまえ。
と思うのだが、いまどきの若者は、ジェームスボンドに憧れたりしないのだろうか?
周りであまり聞かんのぉ。

e0134635_12354050.jpgさてさて、前作から、ダニエル・クレイグがボンド役に抜擢されたが、
以前は、昔話であるが、よく合コンんで、「ピアースブロスナン後のボンド役は、誰が適任か?」なる質問を浴びせては、どん引きされていた記憶がある。
ジュードロー?=若すぎか・・・、ジョージクルーニー?=アメリカンアクセントはないか、ラッセルクロー?=うーん。


などなど、勝手に想像して楽しんでいたが、前回観て思ったんだけど、ダニエル・クレイグ適任ですな。正直観る前は、どんなものかと思っていたけど、めちゃくちゃ良かった。早く次回作、「007慰めの報酬」を観たいものだ。


ちなみに、英語タイトルは、「QUANTUM OF SOLACE」である。日本語は「慰めの報酬」である。
まー、確かにそうだけど、「慰め」か。。。映画会社の人も色々決めるの大変だ。


最後に、「いつになったら、自分にボンド役のオファーは来るのか?その時は・・・」とたまに妄想する夫でした。そんな無駄な時間・・・を大切に。
[PR]
by quie-family | 2008-10-23 12:37 | 夫目