つまめおっとめブログ
withquie.exblog.jp

妻と夫、それぞれの視点で切り取った日常ブログです。
<   2008年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧
金沢に行ってきました!①
e0134635_19473528.jpg

夫のまじめな更新に感心している妻です。


愛娘クーイを夫に預けて、Rちゃんと2人 女の二人旅へ行ってきました!
行き先は金沢。お初な体験です!

私も、Rちゃんも地理にはめっぽう弱く、北陸地方の方には大変失礼ですが
北陸地方の場所をあまり把握しておらず、
北陸だから寒いよねーと長袖やらパーカ持参で、
意外に暑くてビックリ!!!!な旅でした。
旅をしてよいことの一つに日本地図を身をもって体感できるということがありますよね。

さてさて、
アート関係の仕事柄、やはり、21世紀美術館には大変興味がありました。
そして、ちょうど絶対観たかったロン・ミュエック展開催中だったので、
滑り込みで行ったのですが・・・
21世紀美術館ネタは別に紹介しようと思います。


e0134635_19561513.jpg

金沢は、高層ビルも駅前付近以外はなく、あちらこちらに古きよき日本の風景を
観ることができます。

江戸時代、加賀藩の中級武士が住んでいた長町。
両側の土壁の高さに時代を感じます。
e0134635_2025420.jpg

余裕で入り込めそうな壁の高さですよ。
(妻=172cm)

武家屋敷内のお庭、ステキでした。
二階の茶室で一服したりと情緒ある雰囲気を満喫しました!
e0134635_2074276.jpg


e0134635_2095850.jpg

軒先のワンコも雰囲気あります。

花街、ひがし茶屋街。
e0134635_20141486.jpg

茶房素心でまったりしました。
注文を受けてから豆を挽き、一杯ずついれるコーヒーはおいしかったです。
e0134635_2018991.jpg

モダンな雰囲気で、かかってる音楽もTristan Prettyman。
普段使いしたいカフェでした。
e0134635_20193292.jpg

e0134635_20232742.jpg

雨上がりのしっとり茶屋街。

雑然とした、現代社会の建築物や、イルミネーションに
色気を感じつつ嫌気がさしていたので、
ほんわりとした数の少ない街灯や、質素な町屋を観て、癒されました。
通り一本でも、こういった歴史的な場所を大切に保存していくということの
大切さを感じました。
日本全国、個性なくなってるからね。
[PR]
by quie-family | 2008-08-31 19:54 | ことりっぷ
昔のCM、今でも好きな富士フィルムCM

e0134635_1774332.jpg
アメフッタリィ057.gif ヤンダリィ058.gif ラジバンダリ071.gif
キノウのカミナリ、コワカッタヨー、スゴイチカクでオチタヨー、夫です。

今日も雨が降ったり、雷鳴ったりと、嫌な天気が続きます。
なんだか、ホント変な天気です。

そんな土曜日ですが、今日は、何度観ても「やるのぉ〜」と思うCMを紹介です。
それは、過去に放映されていた富士フィルムの「明日に続く写真」というキャンペーンのCMです。

そのキャンペーンでキングカズこと三浦知良さんと古田敦也さんのCMがあります。
どちらも温度があるCMで、今でもホットなCMだと思います。
富士フィルムの存在意義もちゃんと感じられるし。

まあ何よりこの二人、プロ中のプロとして活躍してきたう上に、
背中で語れるストーリーもある人たちだから、本当にナイスキャスティングだと思います。
そして、心を動かすCMを作るというのは、本当に難しいと思うのです。



サッカーやっているものとして、やはりキングカズにはしびれるよ☆ かっこいい。
一生懸命走ってきました、もう一度ブラジル行きますね、
なんて言われるとね、観てる方も熱くなるって〜の。うう〜。


古田さんのCMもまた熱くさせられます。
悔しい思いをしながらもトップに上り詰めたその実績は、努力に違いないと。

スポーツ選手には、ホント憧れます、何歳になってもね。
先日読んだ今野敏作ビートに「汗は嘘をつかない」という行がありました。
ホント、汗かいて必死になるって大切で、その努力することが難しい。難しいんだな。

かくいう夫、汗かくの苦手です。サッカーの試合中もすぐサボります。
また努力もできません、仕事でも、すぐ集中力なくなってしまうのです。
ナムアミ、ちーん040.gif まあ、それも才能ということで。

かくいう妻、、、、うーん、ノーコメントということで、うそです☆
才能も努力する才能も一級品でございます☆☆☆
[PR]
by quie-family | 2008-08-30 17:23 | 夫目
読書:本は心の旅路ねー
e0134635_13415210.jpg

『本は心の旅路by 有隣堂書店』」、夫です。

昔々、このコピーに関してmixiでコメントしたことがあったのですが、
今更ながら、本を読むことの楽しさを実感するのです。有隣堂書店のブックカバーのこのコピーに1本です071.gif

また補足ですが、これもmixiでコメントしたのですが、
昨年の蒼井優ちゃん主演の集英社文庫 ナツイチ キャンペーンも素晴らしいものでした。コトノハ webムービーです。
出演者、歌詞、音楽、映像、すべてが美しいです。こんな仕事ができたら、どんだけ幸せかと。
同時に、本の素晴らしさが伝わってきます。こちらも1本です071.gif



さてさて、夫セレクション恐縮ですが、自分好みの作家を紹介します。結構ミーハーかもしれませんが。
なお、好きなジャンルは、経済モノ、刑事モノ、社会派ドラマモノって感じで、偏っていますが、ご了承ください。

今野敏:隠蔽捜査、リオ、ビート
高杉良:ザ・外資、エクセレントカンパニー、乱気流
真山仁:ハゲタカ、マグマ、虚像の砦
山崎豊子:沈まぬ太陽

仕事をしないで本ばかり読んでいたい・・・妻よ、夫を養っておくれ。

そりゃぁ、ドダイ無理なハナシだのぉ。by妻
[PR]
by quie-family | 2008-08-29 20:29 | 夫目
オトコのおしゃれ

e0134635_1648047.jpg

夫です。

昨晩は、妻が旅行で不在でしたので、愛娘クーイと僕だけの久々の生活でした。
そんなこんなですので、今朝は6時半~クーイと散歩し、9時からUSとのテレカンに参加、眠いのです。

なので、ことさら、ブログネタも思いつかないのですが、
先週サッカーで腰を痛めました。まさに歩く姿は、爺さんです。
そんな状況ですので、最近は、歩きやすく、また足腰にも良いスニーカーで会社に行っています。

そこで、最近お気に入りのスニーカーを夫セレクションから、紹介します。

昔懐かしのブランド アドミラルのワトフォード(Admiral Watford)です。
これが、可愛いですよ。お気に入りでかなりの頻度ではいています。
そして、今週末に予定されている某ブランド系パーティーにも履いていっちゃうのです。むふふ053.gif
e0134635_16482336.jpg


ちなみに、買ったはいいけど使用頻度が低いのが、ギャルソンのPLAYポロシャツ057.gif
PLAYのマークは可愛いのですが、ポロシャツ自体のデザイン(身幅)などなどフィットしないので、
ほとんど着ていません!ショップの店員さんもあまりお勧めしていない雰囲気なのが理解できました。
なんか、僕も買うの恥ずかしいから、妻がコムコムのセーター買うついでに、
どさくさ&まとめ買いしたのです。

で、妻曰く、「PLAYのポロシャツ着てる人、結構ダサダサ君、多くない?」とのこと。
夫曰く、「う~ん、確かに・・・」と(おれもその一味に入団してしまっている)納得。

お洒落は、自分に合うものを選択すること。
ブランド名やお金に頼った買い物は、あまり良い結果を生まないようです。

あと、コレ、ポイントです。
自分の身体の形に合うものを買うこと、または、都度お直し屋さんでサイズ調整することネ。
僕は、体にフィットするように、よくお直しに出しています。
これで、ずいぶん変わりますよ、男性諸君。(お薦め度☆☆☆☆☆です。)
[PR]
by quie-family | 2008-08-28 16:56 | 夫目
国土交通省・・・この不景気時に6兆9372億円を概算予算で要求・・・って。
e0134635_15192957.jpg

国内、どこみても閑古鳥が鳴いてますよね、あわわわわ・・・夫です。

なのに、国土交通省19%増の6兆9372億円を2009年度の概算予算で要求とのことです。
そして、財務相VS与党の補正予算めぐる駆け引きも繰り広げられています


以前から、このブログで伝えている通り、日本の借金は、増え続けています。(参考記事


現在、やるべきことは、必要なことと不必要なことの取捨選択と優先順位を付ける必要があるはずです。
きっと優秀な官僚の皆さんは、すでにお気づきなはずかと・・・それよりも前年対比での予算確保しか頭にないかしら?

今、本当に、道路建設などの公共事業に6兆9372億円も必要なのでしょうか?
国の財政健全化問題、年金問題、地域医療問題などなど、国民の直接的生活にかかわる問題が山積みですよね。
しかも赤字国家なので、身の丈にあった対処しかできないのです、つまり赤字は選択肢が狭くなると。

政治が経済を活性化できるという安易な考えより、経済は民間に任せるべきで、
政治は、民間が経済を活性化するためのインフラ作りをキチンと整えるべき。

たとえば、ただでさえ高い日本の法人税、
国民所得も伸びない日本マーケットの魅力も減り、高い法人税払ってまで、企業が日本にいる理由、今後だんだん薄くなっていくはず。
税金払う人いなくなったら、お役人さんたちも、今の生活はさすがに維持するの難しくなると思いますよ。
優秀な人たちは、自分で国の選択もできるようになり始めてるんだし。今まさに、日本は岐路に立っていると思います。

e0134635_15235582.jpg

家に飾っている奈良美智のポスターのように激しくは言いませんが、やはり国を預かる方たちの品位と知性に今後も期待したく・・・
ん?無理か?(いや頑張ってくださいよ、ホントに)、そして国民もキチンとモノ言う国民として責任を持つ必要がありますね。

あぁ、大人って大変ネ☆
でも大人の世界も悪くないぞ、おコチャマ諸君、早く大人の世界に来たまえ。歓迎するぞ068.gif
[PR]
by quie-family | 2008-08-27 15:26 | 夫目
アネット・メサジェ展→荒木珠奈展 at 森美術館
e0134635_1745582.jpg
お疲れ様です、夫です。
今度は、腰です、腰やっちゃいました、サッカーで。痛いです、ヤバイです。

さてさて、美術館巡り第二弾のレポートです。これで夏休みの美術館巡りは終わりです。
たった2回カヨとか突っ込まないように。

現在、森美術館では、「アネット・メサジェ:聖と俗の使者たち」というのを開催しております。
11月3日(月・祝)まで開催しているようです。

え~、結論ですが、妻に誘われて行ったのですが、一瞬にして、自分のテイストには合わないと感じ、
妻おいて、そそくさと廻って、椅子がある休憩場所でanan読みながら、待機しておりました。

補足ですが、あくまでもこれは個人的主観、テイストに基づく独断と偏見であり、
アネット・メサジェは、フランスを代表する実力派アーティストです。詳しくはコチラ


で、時間を持て余していた夫には、MOMプロジェクトという若手アーティストを紹介するコーナーも併設されていて、
「オッ、こっちの方が自分好み~049.gif 」と思っていたのでした。「やるよのー、この荒木珠奈氏~」ってね。
そんなこんなで戻ってきた妻と森美術館のアートショップ行ったら、あったのさぁ~、この荒木珠奈さんの作品が。

版画だったんだけど、やっぱり自分好みで、買っちゃいました。Lucky me!!!
お値段もリーズナブルで、もっと買いたかったが、うちにこれ以上絵をかけるスペースはないし、保管場所もない!
ということで、POPな1枚をゲットです。

e0134635_17453644.jpg


画像が粗くて、この絵の良さが半減してしまっていますが、ナカナカ素敵です。毎日楽しんでおります。

では。
[PR]
by quie-family | 2008-08-26 21:07 | 夫目
ジュリアン・オピー展 at 水戸芸術館

e0134635_12103481.jpg
お疲れ様です、夫です。
肩こりが治りません、年甲斐もなくサッカーしすぎで、身体の歪みが原因でしょうか?

さてさて、ここ数日の夏休みを利用して、美術館に行っています。
まずは、美術館巡り、第一弾のレポートです。
それは、大好きなJulian Opieの作品を観に、遠路遥々、水戸芸術館まで車で行ってきました。
しかし、僕の車は、冷房利かず、流石に最近参っています。妻も夫もクタクタです。

話は戻り、このジュリアンオピー、我が夫妻、大好きなのです。(夫、妻のアイコンもJOなの・・です。)

1958年にロンドンで生まれたジュリアン・オピーは、2000年に発表されたイギリスの音楽バンド Blur のアルバムジャケットデザインを手がけるなど商業的にも幅広く活躍しているアーティストです。しかし、ただ商業的に活躍しているだけでなく、ロンドンのテート・モダン、ニューヨークMOMA、日本の東京国立近代美術館など、世界中の主要な美術館に所蔵されている実力派です。
e0134635_12124535.gif

僕がこのアーティストを好きな理由は、単純に自分好みのトーンで個人的な相性が良いだけでなく、
さらにポップ性だけではない、多様性というか、広がりというか、でも必ずJOらしいトーンで展開というのが好きなんです。
まあ、何より、個人的、主観的な相性が良い=好き という感覚的理由が一番で、そういうものかと。
いまではJOスタイルとか、JO風などといったイラストの類がweb上で表現されていたりします。JO風とはいえ、結構かわいいですよ。

さてさて、水戸芸術館では、JOにより近年製作された作品が70点ほど、展示されています。(10/5(日)まで)

水戸芸術館のHPから引用すると、「オピーは歌麿や歌川広重など、日本の浮世絵版画のコレクターでもあり、近年は浮世絵の構図や色彩感覚を、コンピューターや LED といった現代の表現ツールを用い、オピー独特の表現へと昇華させた作品を制作しています。本展では、この浮世絵に着想を得た作品を含め、人物、風景をテーマにした作品や、平面だけでなく立体や映像作品など、近年制作された約70点の作品を網羅することで、これまでグループ展などで断片的にしか紹介されていないオピーの全貌を紹介します。 また、水戸芸術館の屋外広場にも、等身大の LED 作品や立体作品が展示され、繊細さとダイナミックさを兼ね備えたオピーの世界が繰り広げられます。」とのこと。

一見の価値はありますので、たまにはドライブがてら、水戸でも行ってみてはいかがでしょうか?そして納豆でも食べてみたらどうでしょうか。
が、、、水戸までぶっ飛ばして、作品数70点+納豆では、満腹感は得られないのもまた真実なり、もっと色々作品観たかった!
でも、都内ではなく水戸までJO展ひっぱてきたキュレーターの方は、さぞかし大変だったことでしょう。
またいつ実施されるかわかりませんが、次回のJO展を楽しみにしています!そして、いつかJOに仕事お願いしてみたい(無理か)、そして作品を買いたい・・・・けど、高いわ、家にスペースないわで、現実は厳しいのぉ~。
[PR]
by quie-family | 2008-08-21 13:19 | 夫目
バットマン ダークナイト
e0134635_1594214.jpg

頑張れ☆星野ジャパンby 夫です。

先日、お台場のメディアージュでバットマン ダークナイトを観ました。
e0134635_15103531.jpg

結論から言うと、バットマン ダークナイトは、072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif星5つで満点です。

最高でした、泣けました、次回作が待ち遠しいです。
ただし、お台場メディアージュで土曜日観ないように、なんせ深夜レイトショー割は、ゴザイマセンカラ050.gif(ブーブー)

さてさて、内容ですが、すべてが最高です。
この作品の素晴らしいのは、何と言ってもストーリー、キャラクター、そして演じる俳優陣が素晴らしいのです。
多くを語るのやめますが、僕には、すべてが壷にハマりました!

寂しいのは、ヒースレジャーのジョーカーがもう二度と観れないこと

e0134635_1511180.jpg
今回のバットマン(クリチャンベール)とジョーカー(ヒースレジャー)の対峙は、本当によかった。
そしてそして、ヒースレジャーの死は、本当に、本当に残念だ。

是非、劇場でご覧あれ。おススメ度200%である。(でも妻には、ピンとこなかったらしい、いろいろと重いらしい、ゆえ、女子諸君は気を付けたまえ。)
[PR]
by quie-family | 2008-08-20 15:19 | 夫目
「セックス・アンド・ザ・シティ」 映画化デス(妻目線)
e0134635_22503387.jpg
妻です。夫はサッカーでおそくなるので、金曜の夜、一人まったりです。



e0134635_21573885.jpg

(c) MMVlll New Line Productions, Inc. Sex and the City(tm) is a trademark ofHome Box Office, Inc. All Rights Reserved.

先日、セックス・アンド・ザ・シティの試写会を、
GAGA試写室@ミッドタウンで観てまいりました。
久しぶりの試写室での鑑賞・・・。
いやはや、試写室って劇場よりイスのすわり心地が格段によいのですよ。
なんだかなぁ。ですね。

さてさて、SATC。
数年前、当時L.Aに住んでいた友人にオススメされていたにも関わらず、
今の今まで一度も観たことがありませんでした。
だから予備知識なしで鑑賞したことになります。
(なんだかしらないけど、夫はDVDオール制覇しております。)

そして・・・・
知識なしなのに、早速、はまってしまいました~。
4人のキャラクターが個性豊か。(4人に集う他のキャストたちも)
ファッションもアクセサリーに至るまで、SO CUTE!
音楽は、プラダを着た悪魔の方が断然よかった。
(ここで唐突に引き合いにださなくてもですが・・。)
サントラは別にほしくない感じ。

さてさてストーリーはこんなことってあるのぉー!
っていう事も起こるのですが、
NYCではこんなこともおこっちゃうのかも~という
感じで、観てました。


夫に「恋人にするなら?」という質問を投げかけたところ、
「えー・・・(嫌な顔)キャリーでしょ。キャリーしかいないでしょ。」と即答。
サマンサは夫の記事にあるように、あんなだし、
シャーロットも不思議ちゃんだし
ミランダも・・・。

しかし、女性のわたしからすると、
4人のキャラクターそれぞれに、自分と似ているところを
見つけてしまって、4人と一緒に笑い、憤り、泣いてしまいました。
なんと、愛おしい人たちなの!
彼女らはアラウンド40~50ですが、
悩んだり、おもしろがったりすることは
私と一緒だったりするのです。だから、共感してしまう。
(まぁ、NYCのセレブと板橋の主婦じゃ、物理的に差がありますが・・・)

私が、一番ときめいたシーンは
キャリーが結婚式前夜、MR.BIGと電話で話すシーン。
私だったら、
「何、訳分からんチンな事いってるの!?(怒)」
となってしまいそうなシーンなのですが、
キャリーの返しがとてもステキなのです。
よい女の見本的な会話。見習いたいと思いました。

おもしろおかしいシーンが満載ですが、
こころがあたたかくなる
ステキなシーンもたくさんあります。
ミランダと夫のラストのシーンや4人の友情などなど。

とにかく、観てください。


さてさて、試写上映後は
ミッドタウンの高層階から見える夜景をバックにシャンパンを頂いたり、
おみあげを頂いたり、ドレスの抽選会があったりと
いたれりつくせり~でした。

e0134635_22444256.jpg

パイパー・エドシックというシャンパンは濃厚な味わいでとってもおいしかった。
カンヌ映画祭の公式シャンパンに選ばれているそうです。

e0134635_2247324.jpg

女性限定でもらったDIANE von FURSTENBERGのデカポーチ。
旅行などで使えそう&渋柄が私好み!
ということで、ありがたく頂戴しました。

話はそれましたが、
今後の私の予定、
SATCをDVDでシーズン1から観まくる!
映画で人気の訳をしってしまいましたから。

皆さんもゼヒー!!

セックス・アンド・ザ・シティ
8月16日(土) 17日(日) 先行上映
8月23日(土)より 日劇3ほか全国東宝洋画系にてロードショー
[PR]
by quie-family | 2008-08-16 10:25 | 妻目
「セックス・アンド・ザ・シティ」 映画化デス(夫目線)
e0134635_12304743.jpg
立秋とは名ばかりの暑さ、夫です。
先日、妻と一緒に某試写会にお邪魔してきました。

それは、何かというと我々世代に絶大な人気を誇ったSATCです、
そう、キャリーとNYCに住む独身女性が繰り広げるコミカルなドラマを映画化した「セックス・アンド・ザ・シティ」です。
8月23日から全国でロードショーが始まるらしいのですが、一足先に観させていただきました。
仕事でGAGAさんの試写室にお邪魔したことがある妻と違い、夫、大変立派なGAGAさんの試写室には驚きました。
そして、来場されていた方は、ほとんど若い綺麗な女性というのも「やはりなるほど、SATC!」といった感じでしたわ。

さてさて、内容ですが、幾度となくNYCに仕事、とりわけ撮影で訪れていた僕には、やはり懐かしく感じました。
サラ(キャリー)の会話は、とても品があり、ウィットに富んでいます。
もしも、英語を学びたいと思っている方がいるなら、このドラマから習うことをお勧めしますわ、特に女史諸君。
生きた英語だと思うんですよ、彼女たちが話している英語は。なにより会話が楽しいしね☆

またドラマ同様に各処に散りばめられていたギャグは、おもしろかったです。
特にサマンサが、隣人セクシーガイの全裸姿と出くわした際の”deck”と”dick”の発音違い、
あまりのオヤジギャグぷりにかなり笑えました。

ただ、サマンサ女体盛りシーンは、やりすぎ感があり、男としてゲンナリさせられましたよ。
と同時に、学生時代のバイト仲間20人くらいで伊豆に言った際、刺身を注文するときに「おばちゃん、女体盛りひとつね!」と
オーダーしたアホな仲間に対して、おばちゃんが「500円です」と冷静に応えていたことを思い出したのでした。
伊豆の女体盛りはそんなに安かったんだと。

話はもどりますが、「セックス・アンド・ザ・シティ」は、今回の映画版でも随所に人生のバイブルになりそうな話がでてきます。
夫婦の関係だったり、友達との付き合い方、仕事やファッションへの情熱だったり、wedding dress着れるのは40歳までだとか(笑)。
映画の大画面で観ると、ちょっと気恥ずかしくなることもあるのですが、本を読むのと同じように、色々なことが感じられるのが一番良いです。
観る人と同じ目線のストーリーというか。ただNYCにいけば誰でもあんな生活できるかといったら、それはナイ!

そしてそして、キャリーの「手紙を書くことの大切さ」「相手の立場で考えて、エモーショナルに感じてみて」なんていった
数々の場面に、キャリーの頭の良さというか育ちの良さがにじみ出ていて好感もてます。
で、今回の映画で一番かわいそうだったのが、Mr.BIG、シーンが少ない上に、Mr.Small的な役割がなんとも言えない感じでした。
ひとつ言うなら、ドラマよりスタイリングがまともだったことです、ドラマはダサダサでやばかったからね。

最後に、「プラダを着た悪魔」より前に、この「セックス・アンド・ザ・シティ」を映画化してほしかった。
けど、まあ、まずは何より映画をご覧あれ。百聞は一見にしかず。そして事前にDVDまたはWOWOWで復習しなはれ。

PS SATC男占いというのがあるらしい。。。いったいぜんたい何占うんだって~の(笑)。
[PR]
by quie-family | 2008-08-14 15:11 | 夫目